GABRIELE BELLU

Belluガブリエーレ・ベッル 

 

ヴァイオリン

 

フィレンツェ音楽院「ルイジ・ケルビーニ」卒業。1990〜2007年の間、フィレンツェ五月音楽祭管弦楽団のメンバーとして活動し、2007年には四重奏団クァルテット・エリーザを結成。様々な国際コンクールで賞を受賞。ブルーノ・カミーノやサー・ジェイムズ・カロウェイとのコラボレーション、ヴェネツィアのフェニーチェ劇場を始め、数多くのイタリア管弦楽団で活躍中。ミラノ・スカラ座フィルハーモニー管弦楽団の国際ツアーでは、リッカルド・ムーティをはじめ、ズービン・メータ、ロリン・マゼールなど一流の指揮者のもとで演奏。

現在はアドリア音楽院「アントニオ・ブッツォラ」にてヴァイオリンの講師を務める。

17世紀にヴァイオリン制作者マッテオ・ゴッフリラがヴェネツアで作り上げた楽器を愛用する。

 

 

 

 

Partners

 

With the support of

Archivio Storico Ricordi logo01

 

 

 

"詳細につきましては、ぜひお問合せください。"