STEFANO BARONE

SB TAKステファノ・バローネ
 

現代アコースティックギタリスト、作曲家

 

イタリア出身の作曲家、ギター奏者、プロデューサー。

1978年、イタリア・ナポリに生まれ、幼少の頃より音楽を始める。

当初はピアノを勉強していたが、すぐにギターに目覚め、その魅力にとりつかれた。ブルースからポップ・ロックまで様々なジャンルの音楽で経験を積んだ後、2001年にローマへ移り、アコースティック・ギターに専念。

2003年、マイケル・ヘッジスの著名なアルバム「Aerial Boundaries」に影響を受け、Pino ForastiereSergio Altamura、Dominic Frascaと共に近代的なアコースティックギターのテクニックと構成を学び始め、現代音楽(特にスティーブ・ライヒやフィリップ・グラスのようなアメリカのミニマリズム作曲家)を取り入れた。

彼の音楽は、多くの現代バレエ、テレビ番組(BBC、RAI)、ドキュメンタリーにてサウンドトラックとして採用されている。また、最新のプロジェクト「Alive」(2018)は、2018年のピューリツァー勝者Brian Kaufmanによる「The Wall」の一環である。

熟練のギターテクニックと電子的なエフェクト、デバイスの卓越したコントロールは、多くの作品で使用されており、巧みにそれらの技術を使い、素晴らしいオーケストレーションとハーモニーを作り出している。ナポリのルーツは、彼に先天的かつ絶対的なリズム感と自然な即興能力を与えたのである。

彼のライブは、アコースティックとエレクトロニクス双方の完璧なバランスにより、演奏される全ての曲が最も素晴らしい方法で織り合わされている。

 

HP: http://stefbarone.com/

Youtube: https://www.youtube.com/user/stebarone
Facebook: (プロフィール) : https://www.facebook.com/stefbarone   (芸術的のページ): www.facebook.com/steBar0ne/
Instagram: https://www.instagram.com/stefbarone_alive/

 

 

 

 

 

Partners

 

EKS LOGO BW

 

kitty izustudio logo

With the support of

Archivio Storico Ricordi logo01

LOGO OSR small

 

 

 

"詳細につきましては、ぜひお問合せください。"